一心寺の縁起

勧請開山通玄禅師は、豊後の人で
姓は藤原氏。
長く子がなかった母は、聖人を授かる
よう仏様に祈った。
やがて子を宿したが出産予定日に亡く
してしまった。

父は悲しみつつ古塚の側に埋葬した。その後、子の泣き声に
父が墓地を開くと、既に男の子が生まれていた。
体には香気があり気力が充満していた。
凡人にあらず、法の器足るぞと人々もうわさしあった。
だから、懐胎の時には、この尊体に帰依し安産を祈る。
乳少なき人は必ず感応しましまして多量となる。
疑うことなく至心に祈念し奉るべきなり。

御開山

御開山

不動尊

開基家の守り本尊で、武運長久を祈って子孫代々に
信仰された。 過去の戦役で身代わりとなり、身代
不動尊とも呼ばれた。
この尊像に祈願すると家運興隆、穀米成熟、人をして
幸福を得せしめ給うなり。
各々視至心にせられよ。

聖観音

大慈大悲聖観音菩薩は坐像の観音像で、此の地に
移り、風、水、火、盗難などを除き、三十三身を顕して
人々を救済された。
女性が男の子をと願う時には必ず福徳智恵の子を。
女の子をと望む時には端正愛敬の子を授けられた。
諸願満足を得せしめ、一つとして空しきことはなかった。
よって心より、み名を称え礼拝を遂げられよ。

天井画

inserted by FC2 system